ウォーターサーバーの種類

おいしい水を宅配してもらう

水道水よりもおいしい水を日常的に飲む手段には、ペットボトルのミネラルウォーターを購入する方法、浄水器を使う方法があります。ペットボトルは購入が重くて面倒です。浄水器は水道水をろ過して雑味を抜くことは出来ても、天然水のような水の質は望めません。
第三の手段として人気が上昇しているのがウォーターサーバーです。今はまだ富裕層のり用が中心ですが、毎日手軽においしい水やお湯が飲めるので、だんだん一般家庭にも普及しています。小さな子供がいるので安全な水を買いたいというニーズには最適な方法です。
人気のウォーターサーバーの中でも、料金体系の違いも気にすべきことです。月あたりボトル何本までと決められていたり、宅配料金が別だったりするところがあります。

ウォーターサーバーを選ぶ要素

ウォーターサーバーはかなりのメーカーが販売していて、たくさんの中から選べると思われていますが、配達可能な地域にも差があります。ネットで色々口コミを調べて、いざ決めようと思ったら自宅が担当外であるということも考えられるので、まず配達が可能な地域かどうかを見てから業者を選びましょう。
ボトルの水は24リットルと37リットルというサイズが主流です。
また、サーバーの作りの違い、サーバーのリース料がかかるのかどうかということも業者によって違いがあります。同じような質の水でも、ある業者だと高く別の業者だと安くなるということもよくあります。これはといったものが見つかるまで、いろいろな水を試してみるのも有効な手です。

ウォーターサーバーの電気代は1千円前後になる事が多く、飲用が増える夏は冷蔵コストで特に高まる傾向があります。