手頃で便利なウォーターサーバー

多様化したウォーターサーバー

近年、様々な場所でウォーターサーバーが使われるようになり、会社や家庭以外でも、病院といった公共施設や温泉地やトレーニングジムなどといった場所でも活用されるようになりました。また常設として使用するケースが大半ですが、工事現場などの熱中症対策として臨時で使用したい時期だけ設置するなど、使い方も多様になってきています。昔から水道水を飲料水として使用できた日本ですが、水の美味しさや清潔感を求められる時代になったということですね。維持費としてのコスト問題も手ごろという感覚まで低下していますし、残量見合いで定期的に運搬を希望される方のためのプランもあるので、お年寄りにも人気となっています。今の時代、飲料水と言えばこのようなウォーターサーバーが代表になってきているのかもしれません。

水の種類と配送方法について

ウォーターサーバーを使用するにあたり選択要因として重要視されているのが、水の種類です。水の種類は「RO水」と「天然水」と大きく2つに分かれます。RO水は水道水等を加熱殺菌し、RO膜と言われる逆浸透膜でろ過したもので、処理方法から安全性が高いと言われています。もう一つの天然水は、名前の通り天然由来のミネラル等を含み、処理は主に殺菌処理のみとなります。一般的には天然水の方がメジャーであり、コンビニ等でも多く売られていますので認知度は高いと言えます。また、利点として代表されるのが、その配送方式といえます。定期的にボトルが配送され購入の手間がなくなることが便利とされています。配送方法にも2種類あり、使い捨てボトルを利用したワンウェイ方式と、ボトルを配送時に回収するリターナブル方式があります。特にリターナブル方式の配送方法は、ゴミが出ることがなくなるので環境面からみても効果的な方法で人気があります。

ペットボトルの水は重量物で体に負担が掛かって持ち運びが大変なので、業者の宅配水を契約して美味しい水を飲みましょう。